水は常温で保存できる

水が常温で保存できる理由とは

水が常温で保存できる理由

水は生きていく上で欠かせないものであり、毎日摂取されています。しかし災害の時などはそれも難しい可能性もあるため、五日の時に備えて備蓄しているという家庭も存在します。しかし飲食物の備蓄についてその保存方法が重要となってきます。方法が悪いと備蓄していても腐って食べることができないという事態を招きかねません。それにたいし水に関しては比較的保存が簡単です。それは常温で管理しても不純物が含まれていない為腐ることも劣化することもありません。一度開封して飲んでしまうと飲み口についた菌が増えたりと管理が難しくなりますが、未開封であれば非常に簡易的に管理が可能です。

水の保存期間はさまざまです

水と一言にいっても、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター、保存水などいろいろあります。消費期限は様々ですので、必ず商品ごとにチェックしましょう。東日本大震災以降、長期に保存がきくものが注目されていますが、あれは殺菌消毒した上で密閉容器に詰めたものですので、その他よく市販されているミネラルウォーターとは別物だと思ってください。ミネラルウォーターの場合は基本的にはろ過をしただけのものになりますから、不純物や有機物が若干は混じっています。それが美味しさの秘密でもあるわけですが、品質劣化の原因物質ともなりますので、基本的に長期間置いておくのには不向きです。

水の保存に関する情報

↑PAGE TOP