水の正しい保存の方法

水の正しい保存の方法とは

水を正しく保存するには

水を正しく保存する方法としては、ペットボトルなどのふた付きの容器のぎりぎりまで注ぎましょう。空気に触れることで細菌が入り込んでしまい、腐敗が進んでいきます。ぎりぎりまで入れることで、細菌の繁殖を防ぐことができます。水を注ぐ前には、ペットボトルなどの容器をよく洗い、よく乾かすことが大切です。中に菌がいると、繁殖してしまう可能性があるためです。直射日光に当たることでバクテリアが繁殖してしまうので、保存する場所は、直射日光の当たらない冷暗所がおすすめです。良い場所が見つからない時は、黒いビニール袋でペットボトルを覆っても良いです。

気になる水の保存期間

水の保存期間はどれくらいなのでしょうか。ペットボトル入りのものであれば設定されている賞味期限を守れば安全に飲むことができますが、水道のものを非常用として汲み置きする場合となるとどのくらいになるのか、ということは気になるところです。基本的には、塩素消毒されているため雑菌が繁殖するリスク自体は少ないのですが、期間がたつと残留塩素が減っていてしまうため、飲料としては適さないものになってしまいます。それらを含めて考えた場合に考えられる保存期間は、おおむね3~5日程度であると考えられています。それを過ぎてから飲料で用いるのは危険なので気を付ける必要があるようです。

水の保存に関する情報

↑PAGE TOP