木炭で水を保存する

水の保存容器に木炭を入れる

水の保存容器に木炭を入れると

昨今の浄水器、ウォーターサーバー、ミネラルウォーターの購入などに寄せられる関心は、きれいなものを口にしたいといった多くの人の志向を表しているようです。経済的で手軽な方法として木炭を使ったものがあります。備長炭や竹炭などを良く耳にしますが、それらに限らず木炭はその生成過程で細かな無数の穴ができ、それらの物質的特性で臭いや不純物質を吸着するという働きがあります。使用方法はよく洗い煮沸消毒してから直射日光でよく乾燥させ、水の保存容器に入れて一晩寝かせるだけです。2週間に一度洗って乾かすことで繰り返し使うことができますので、非常に経済的です。スーパーなどで無料で使用できるサーバーが設置されていますが重くて毎回は億劫という方は一度試してみるのもよいでしょう。

災害用には長期保存可能な水を

長期保存可能な水は、災害用の備えとして役立ちます。液体というものは、意外と腐敗が早く進むために、通常のものを保管することは控えるべきです。たとえ暗所に置いていたとしても、内容物が変化することに変わりはありません。しかし、災害用と謳われた商品であれば、年単位でも保管が可能です。非常時には、こうしたものが欠かせませんので、家庭に何本かは常備しておくようにしましょう。そうすれば、飲用としても、洗浄用としても安心して使えます。長期保存できる水は、なによりも率先して用意しておくべきアイテムといえるのです。

水の保存に関する情報

↑PAGE TOP