水を保存する方法とは

水をどうやって保存するか

水を保存する方法と期間

蛇口から出た水をペットボトル等に入れて保存する場合、常温で夏場なら3日ほど、冷蔵なら一週間ほど持ちます。冬場は常温で10日ほど持ちますし、また普段の飲用目的でも、1日程度は置くことでカルキ臭が抜け美味しく飲むことができます。この期間を過ぎれば見た目に変化は無くても腐ってる可能性があるため、飲用としてではなく雑用水として使用することがおすすめです。また保存する前に容器をよく洗い、乾燥させることで、雑菌の繁殖を抑えられます。置く場所も直射日光が当たる場所は避け、風通しが良い冷暗所に置くことが大切です。

海外産の水は長期保存が出来ます

日常的にミネラルウォーターを購入する方々が増えてきました。今ではコンビニエンスストアやスーパーマーケットで美味しいお水が安くゲット出来ます。ダース単位でまとめ買いすれば、一本あたりの単価がより安くなります。煮物を調理する際の材料として、カップ麺やコーヒーを作る時のお水としても使えます。国産のミネラルウォーターも人気ですが、世間では豊富な栄養素を含み、また長期保存が出来る海外産のミネラルウォーターがにわかに注目を集めています。硬度の高い海外産の方が健康効果が高いとも言われており、有名人の方々も挙って愛用なさっています。

水の保存に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP